2005年12月3日から12月11日まで、国立花き芸術専門学校ヴァイエンシュテファンにて冬の展示会が行われています。

今年の2年生のテーマは4つの季節。グループ作品です。

写真は小さいですが、作品は大きな空間を使って制作されています。それぞれのグループが、それぞれの季節から得たそれぞれの印象でそれぞれのアイデアを駆使して制作しています。

ヴァイエンシュテファンには期間中、大勢の人々が訪れます。特に週末はお客さんのために、ケーキやコーヒーが用意されます。お客さんがくつろぐ場所にも並ぶ、1年生の制作による作品は、展示作品に負けずとも劣らないもので、お客さんのもう一つの楽しみでもあります。
最後に1年生の作品です。テーマは「Foto+Realismus」。自然観察、造形学の授業を基に、写真と植物の造形的なつながりをテーマにしています。