久しぶりの更新になります。

今回は55期生による昨年10月の「自然観察」授業からの作品をご紹介します。

課題は、生徒各自が好きな場所<学校の庭や自然の風景の一部分など>からインスピレーションを得て、花束、クランツ、ゲシュテックなどの作品を制作するというものです。

 自然の一部分を、じっくりと観察してその中から、作品のアイデアを見つける。植物を使った作品を作るものにとって、自然からインスピレーションを得ることは、当たり前のことのように思われますが、実際、何人の方がそうしていらっしゃるでしょうか?自然の中で、一枚の葉や、枝の動き、地面の様子を、いつも見ている位置よりさらに一歩二歩、その植物に近づいて観察してみてください。違った植物の姿が見えてくるかもしれませんよ。