ランデスガーデンショー/シュトラスブール
フランスとの国境沿いの都市Kehl・ケールとフランス・シュトラスブールで行われたランデスガーデンショーに行ってきました。

私たちは、フロリストマイスター・ヴァルトラウト・マイシュさんと共に、「竹と日本」をテーマにした作品を制作し、展示しました。

作品はミュンヘンに住む日本人フロリスト達がマイシュさんと共に忙しい時間を割いて制作したものです。私たちハシグチアレンジメンツは竹のボールを制作しました。

ガーデンショーは、4月から10月末まで行われています。ドイツの町ケールとフランスの町ストラスブールはライン川を挟んで隣同士に位置し、この二つの町が共同で今回のガーデンショーは開かれています。アイデアを凝らしたテーマガーデンはとても興味深いものばかりでした。
美しくそびえたつシュトラスブールの聖堂を中心としたシュトラスブールの町並み。古い中世の雰囲気を残しながらもたいへん現代的な人々の生活ぶりが印象的でした。