ブルーメン・エルスドルファーは、クリスマス、シルベスター(大晦日)の仕事を終え、店内はすっかり春の球根類、アザレア、ラン類、プリムラで飾り付けられました。

 切花もたくさんの種類のチューリップ、アネモネ、ポピーなどが主流になっています。寒い冬景色の屋外とは打って変わった暖かい店内では毎日春色の花束が作られます。

 現在は、2月14日のバレンタインに向けて、手作りのハートや、小さな寄せ植え作りの準備中です。次回はバレンタインの店内をご紹介します。