色彩学の授業で描かれた作品
授業の内容は、ホリゾンタル、バーティカル、対角線、円などの絵の基本的構造と、静的な色合い(青、緑、茶など)、動的な色合い(赤、黄、オレンジなど)の組み合わせの実験として各自が異なったテーマを与えられ、100cm四方の板の上に描くというものでした。
この作品はパステルクレヨンで線を引き、その上を指で擦ってにじませて色の重なりを出しています。

テーマ:全体的に静的な色合いでホリゾンタルな絵の構造、動的な色のアクセント。

アクセントは絵の縁が、赤、オレンジ、ピンク、黄色で塗られています。

テーマ:全体的に静的な色合いで自由な絵の構造。動的な色のアクセント。
テーマ:全体的に静的な色合いで曲線の絵の構造。動的な色のアクセント。